「ピアノを習うと頭がよくなる」

「子どもの成長を伸ばすのに、ピアノは効果的」

という話を聞いたことがありませんか?

​その理由は、「ピアノの動作」と「ピアノをひく習慣」にあります。

ピアノで脳トレ?

 

「ピアノを弾く」という行為は、

①楽譜を理解しする→②両手の指を動かす→③耳で聴く

という動作を瞬時に連続して行うことになります。

同時に複数の動作を行うことで脳が発達し、ワーキングメモリーを鍛えます。

 

 

勉強する習慣、記憶する力を身に着ける!

 

発表会など、人前でピアノの演奏をするとき、

多くの場合、暗譜(楽譜を覚えること)で演奏をします。

楽譜に書いてあることは音符だけではありません。

曲の強弱をつける、などの作曲者の意図や、先生からの注意を記憶する力を身に着けます。

さらに、小さい頃から「練習する習慣」を身に着けることで

集中力、忍耐力を育てることができます。